芸能人の都市伝説をご紹介

芸能人の不仲説,共演NG

芸能界で噂される共演NG、不仲説!

あの大物芸能人、グラビアアイドル達の不仲説!?共演NG!?
華やかな芸能界だが裏側では、共演がNGとなる芸能人は結構多く共演NGリストまであると噂されている。

明石家さんまVS松本人志

ゲストをいじって面白トークを引き出す明石家さんまと独自の感覚で笑いを取る松本人志。

芸風がまったく違う二人はお互いに相手を認めることは決してないと言う。

このまま一生共演することはないと思われていた二人だが、映画「大日本人」のプロモーションのために松本人志がさんまの番組に出演。

多いに注目されたが予想通り、二人の会話が噛み合うことは最後までなく、番組終了後、二人の関係はさらに悪化。

どうやらこれが最後の共演となりそうだという。

松本人志(ダウンタウン)VS光(爆笑問題)

以前番組でダウンタウンがアディダスのジャージで出演した時に、爆笑問題の太田が「アディダスの広告塔か!」といったことで松本が激怒。

収録語に松本が楽屋に呼び出し「土下座するか、芸能界を辞めるか、ボコられるか選べ!」と言われ太田は土下座で謝罪したという。

この事件以降、共演はないらしい。

スザンヌVSふかわりょう

ふかわりょうが、スザンヌをひつこく口説いたそうで、スザンヌ側が共演をNGにしているという。

藤原紀香VS松嶋菜々子

キャンギャル出身の松嶋奈々子と藤原紀香。

藤原紀香は一時期CM女王に君臨したものの女優業での人気はいまいち。

藤原紀香の壁となったのが、清純派女優として活躍する松嶋奈々子だ。

松嶋奈々子へのライバル心は強く、ドラマ共演も、かたくなに拒否しているという。

一方の松嶋菜々子の方も、藤原紀香のことはかなり意識してる。

以前、そんな二人にもドラマ共演させる話が出た時も松嶋菜々子が拒否したため幻に終わった。

いまでもインタビューで相手の話題をふることはタブーだという。

竹内結子VS沢尻エリカ

記憶に新しい、映画「クローズドノート」の舞台挨拶での「別に」事件。

映画自体を台無しにする、沢尻エリカの態度に激怒したのが竹内結子だ。

その日から事務所の先輩後輩の関係だった二人は、共演NGになったという。

倖田來未VS大塚愛

音楽番組に倖田來未が出演したときに大塚愛のVTRが流れ、倖田來未の口が「腹が立つ……」と言うように動いていたらしい。

堀北真希VS宮崎あおい

NHK大河「篤姫」での出演者発表のとき、主演の宮崎あおいを発表する前に、堀北真希側がフライングして発表してしまったことが原因らしい。

しかし堀北真希側がフライングで大河ドラマ出演を明かしてしまったために注目は一気に堀北真希に集中。

このことで宮崎あおいがすっかりヘソを 曲げてしまったという。

今後二人が共演することはもは難しいかもしれない。

米倉涼子VS佐藤江梨子

この二人、実は市川海老蔵の元恋人。

米倉涼子が佐藤江梨子に向かって、「胸が大きいだけ」と言ったことが原因で、共演NGになったという。

深津絵里VS鈴木京香

堤真一をめぐって。

土屋アンナVS道端ジェシカ

「東京ガールズコレクション」のバックステージで、取っ組み合いの大喧嘩をしたという有名な話だ。

米倉涼子VS高岡早紀

市川海老蔵を巡る因縁の二人。

高岡早紀と市川海老蔵の夜桜デートは、当時海老蔵と米倉涼子は破局していたとはいえ、米倉のプライドを大きく傷つけたと言う。

そんな高岡早紀と米倉涼子にまさかのドラマ共演。ドラマ「肩越しの恋人」が実現したが視聴率はイマイチ。

撮影現場でも二人が目を合わせる事はなかった。

優香VS深田恭子

深田恭子に生理用品のCMのオファーが来たとき深田恭子は拒否し、かわりに「優香ちゃんでいいんじゃない」と発言。

それに対し優香が激怒したという。

椿姫彩菜VSはるな愛

椿姫側は「はるな愛と違って、私は知性が売り」といったのが原因だという。

小雪VS広末涼子

広末涼子が出演するはずだったドラマに、小雪が抜擢されたことが原因らしい。

桑田佳祐VS長渕剛

桑田佳祐が作った曲は、長渕剛を批判していると、本人が激怒したという。

井川遥VS木村拓哉

「ビストロSMAP」に井川遥が出演したとき、キスの相手に、一度共演したことのある木村拓哉ではなく、草なぎ剛を選んだことが原因らしい。

引用:共演NGの芸能人一覧、芸能界共演NGリスト

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional